インプラントの確実性を高める「電動式骨手術器械」とは

  • 唐津医院
    0955-72-6200
  • 武雄医院
    0954-45-5000
  • 伊万里医院
    0955-20-4300
唐津医院:0955-72-6200 武雄医院:0954-45-5000 伊万里医院:0955-20-4300

電動式骨手術器械

電動式骨手術器械について

電動式骨手術器械

「電動式骨手術器械」とは、超音波振動を用いて骨切除を行う機器です。他の方法に比べ、軟組織(神経、血管、歯肉など)へのダメージを軽減して骨を切ることが可能になります。今までの手術器具では困難だった、切削部分の骨の長さ・深さをコントロールすることが可能なため、骨切削の精密性を向上できます。
この機器はインプラント治療の際、骨を増やす治療(骨造成)が必要になった時などに使用します。

電動式骨手術器械の使用事例

ピエゾーの使用事例
  1. 骨を採取する部分を切開します。
  2. ブロック骨として採取します。
  3. 採取した骨の大きさを整えます。
  4. 移植部分に骨をピンで留め縫合します。
詳しい
治療内容
  • 抜歯後期間が経過していたり歯周病が進行していたりすると、骨が痩せるため、インプラント治療を行う前に骨を増やす治療を行う必要があります。この症例は、電動式骨手術用機器を用いて骨量超音波振動で骨を切り、下顎から自分の骨(自家骨)を採取し、移植を行った症例です。
治療費用
  • この機材の使用に対して金額はかかりませんが、骨移植には1歯あたり108,000円(税込)がかかります。
リスク

副作用
  • 心臓ペースメーカー・除細動器を装着されている方に対しては使用できません。
  • 自家骨の採取・移植により、術後1週間程腫れや痛みを伴う場合があります。(個人差有)
  • 全身疾患のある方や喫煙される方等は、創面の治癒不全のリスクが高くなります。