歯科用CTによる検査と費用 - 医療用CTとの違いとは

唐津医院:0955-72-6200 武雄医院:0954-45-5000 伊万里医院:0955-20-4300
唐津医院:0955-72-6200 武雄医院:0954-45-5000 伊万里医院:0955-20-4300
唐津医院:0955-72-6200 武雄医院:0954-45-5000 伊万里医院:0955-20-4300

歯科用CT

CT

歯科用CTについて

歯科用CT

CTとは、コンピュータ断層撮影(Computed Tomography)の略称で、コンピュータを駆使してデータ処理と画像の再構成を行うことで、断層写真を得られる装置のことです。そして、歯科用CTとは歯科分野に特化したCT装置のことであり、コンビームという方式を用いているため「コンビームCT」とも呼ばれています。
歯科用CTは、機種や撮影範囲などにより違いはありますが、一般の医科用CTと比べ被曝量が最大200分の1と非常に少ないのが大きな特徴で、撮影時間も十数秒で済むことから患者様への負担を大幅に軽減しています。また、歯科用CTでは、歯が失われた部分の骨の厚みや深さ、上顎洞や下顎管までの距離を0.1ミリ単位で正確に計測し、歯牙や上顎洞の形態の三次元的イメージを把握できます。

チェック 吉田 祥子(歯科医師)

歯科用CTで撮影することにより、今までの口腔内X線撮影法やパノラマX線写真では得ることができなかった情報を得ることができ、より的確な診断が可能になります。当医院では、インプラントのほか、親知らずの抜歯や歯周病治療、根管治療、歯根の破折の治療、歯列矯正などに際する炎症の原因確定、顎関節症の診断などに用いています。

医療用CTとの違い

歯科用CTによるマルチアングル口元の断面図

歯科用CTと医科用CTとの大きな違いは撮影方法です。医科用CTは被写体(患者様)が横たわらなければいけないのに対し、歯科用CTではどこのメーカーの装置でも座ったままでの撮影が可能。また、撮影は10秒ほどで終わるため、被曝線量も医科用の約10分の1と非常に少なく済みます。それでいて超高解像度撮影から広範囲撮影まで選択可能で、医科用CTの約5倍の情報量を得ることが可能です。

歯科用CTのメリット

歯科用CTは徐々に開業医でも導入が進み、患者様にとって様々なメリットをもたらしています。

1.かかりつけ歯科医院で検査から治療まで可能

かつて、CTは大規模な病院にしかありませんでしたが、近年は歯科用CTが開業医の中でも普及し、より正確な診断ができるようになりました。以前はCT撮影のみ病院で行うケースも多いかったのですが、近年は治療を行っている医院で撮影できるようになりました。手間が省けるという点はもちろんですが、身近なものとなりつつあることは大きなメリットと言えるでしょう。

2.負担の軽減

歯科用CTは、医科用CTに比べ被爆量が少なく、撮影にかかる時間が短いなど患者様の負担が軽減されています。また、撮影にかかる費用も軽減されています。

3.安全・確実な治療

CTはレントゲンよりもはるかに多くの情報を得ることができます。そのため、インプラントや矯正治療といった精密な治療が必要となる場合にも、確実性の高い安全な治療を可能にできます。

4.インプラント治療での活躍

今やインプラント治療において、CT撮影は不可欠と言えるでしょう。インプラントを安全に埋入するには、顎の骨の厚みや密度、神経や血管の走行を把握することが必要になりますが、レントゲンだけではこれらを全て把握することはできません。従来は、骨造成が必要であったケースでも、骨の詳しい状態を知ることで、骨造成なしで埋入できる場合もあります。 インプラント治療においてCT撮影は、安全性・確実性を高めることはもちろん、患者様の治療の負担を軽減することにもつながるでしょう。

CTスキャンされた口元の画像 複数並べられた口腔内CT画像 インプラントが入っていることが確認できる口元を横からみたCT画像
治療内容 備考 料金
CT画像診断 1回 ¥10,800-
CT画像診断(インプラント) 片顎 ¥10,800-